【2024年2月】ドコモ光のプロバイダ21社を徹底比較!おすすめ4選を紹介

【2023年12月】ドコモ光のプロバイダ21社を徹底比較!おすすめ4選を紹介

本ページはプロモーションが含まれています

ドコモ光はフレッツ光を利用したプロバイダと一体型の光回線です。

安定した通信環境に加えてプロバイダ料込みの月額料金で利用できることから、興味を持つ方もいるのではないでしょうか?

しかし選べるプロバイダは21社存在し、月額料金や通信速度・キャンペーンが異なるので、何を基準に選べばいいのかわからない方も多くいるはずです。

本記事ではドコモ光のプロバイダ21社を比較して、おすすめのプロバイダを4社紹介しています。

自分に最適なプロバイダを選ぶポイントや変更方法も解説しているので、お得にドコモ光を契約したい方はぜひ参考にしてください。

当サイトおすすめの光回線を比較!

光回線名月額料金
ドコモ光のロゴの画像
ドコモ光
・戸建て:5,500円※1~8,250円
・マンション:4,180円
※1~8,250円
※1:別途プロバイダ料が必要
ソフトバンク光のロゴの画像
ソフトバンク光
・戸建て:5,720円〜
・マンション:4,180円〜
auひかりとNEXTのロゴの画像
auひかり
・戸建て:6,160円~
・マンション:4,730円~
※表示価格はすべて税込です

【おすすめ関連記事】
おすすめの光回線まとめ
・2024年1月最新版の光回線キャンペーン情報
光回線の乗り換え手順はこちら

【ココモバイル独自調査】アンケート集計方法

<アンケート調査の概要>

この記事には当サイトが独自調査した口コミが含まれます。

調査対象:ドコモ光を利用している/していた方
調査方法:クラウドワークス上でのアンケート調査

Contents

ドコモ光のプロバイダとは?【概要】

ドコモ光のプロバイダとは?の画像

プロバイダとは、ドコモ光の回線をインターネットにつなげる事業者を指します。

光回線を提供する回線事業者とプロバイダの違いは、以下のとおりです。

事業者特徴
回線事業者回線を提供する事業者
プロバイダ回線をネットに繋げる事業者

プロバイダがないとインターネットにつながらないため、光回線とプロバイダはセットで契約しましょう。

ドコモ光のプロバイダは全部で21社あり、プロバイダによって以下の点が異なります。

  • 月額料金
  • 通信回線の安定性・速度
  • サービス内容
  • キャッシュバック・キャンペーン

どのプロバイダを選ぶかによって、月額料金・通信回線の安定性・お得度などが変わるためプロバイダ選びは重要です。

ドコモ光では月額料金と選択できるプロバイダが異なる、タイプAとタイプBがあります。

自分の住んでいる地域に対応しているプロバイダであれば、月額料金が安くなるタイプAがおすすめです。

しかし月額料金やキャンペーン内容で選ぶと自分に合わないなど後悔する可能性があるので、総合的に判断したうえでプロバイダを選びましょう。

ドコモ光のプロバイダ21社を比較【変更におすすめなのは?】

ドコモ光のプロバイダ21社を比較

ドコモ光のプロバイダ21社を比較した結果、GMOとくとくBBまたは@niftyがおすすめです。

ドコモ光のプロバイダ21社の通信速度やサービス・キャッシュバックなどを、以下で比較しました。

スクロールできます
回線名タイプ平均通信速度レンタルルーターセキュリティソフトキャッシュ
バック
GMOとくとくBBA下り速度:343.48Mbps
上り速度:254.78Mbps
最大3ヶ月無料35,000円
@niftyA下り速度:249.52Mbps
上り速度:295.6Mbps
最大12ヶ月無料20,000円
OCNインターネットA下り速度:259.57Mbps
上り速度:260.22Mbps
最大12ヶ月無料
BIGLOBEA下り速度:235.75Mbps
上り速度:251.29Mbps
最大12ヶ月無料
タイガースネットA下り速度:199.4Mbps
上り速度:218.75Mbps
永年無料最大10,000dポイント
BB.exciteA下り速度:213.28Mbps
上り速度:215.18Mbps
36ヶ月無料最大10,000dポイント
DTIA下り速度:200.21Mbps
上り速度:255.29Mbps
最大11,000dポイント
andlineA下り速度:234.24Mbps
上り速度:283.66Mbps
1年無料
hi-hoA下り速度:100.09Mbps
上り速度:216.65Mbps
最大12ヶ月無料
楽天ブロードバンドA下り速度:136.17Mbps
上り速度:175.97Mbps
×最大12ヶ月無料
エディオンネットA下り速度:217.99Mbps
上り速度:196.42Mbps
×
SISA下り速度:255.93Mbps
上り速度:232.2Mbps
永年無料
ic-netA下り速度:333.99Mbps
上り速度:466.44Mbps
永年無料最大25,000dポイント
SYNAPSEA下り速度:218.29Mbps
上り速度:162.78Mbps
×最大12ヶ月無料
ネスクA下り速度:206.59Mbps
上り速度:263.98Mbps
×
TikiTikiA下り速度:237.5Mbps
上り速度:225.7Mbps
×最大20,000dポイント
ASAHIネットB下り速度:376.92Mbps
上り速度:386.18Mbps
×
WAKWAKB下り速度:319.85Mbps
上り速度:281.89Mbps
×
TNCB下り速度:347.79Mbps
上り速度:392.87Mbps
×
@ちゃんぷるネットB下り速度:192.99Mbps
上り速度:188.51Mbps
@TCOMB下り速度:224.03Mbps
上り速度:247.03Mbps
×最大12ヶ月無料
※参照:みんなのネット回線速度

21社の中からプロバイダを選ぶなら、GMOとくとくBBまたは@niftyがおすすめです。

どちらも料金が安いタイプAで実測値が速く、21社の中で高額キャッシュバックを用意しているのは2社だけになります。

GMOとくとくBBは35,000円のキャッシュバックがあり、乗り換えなら15,000円の増額です。

@niftyは家電量販店の「ノジマ」で買い物をすると、ドコモ光を利用している方限定で店内の商品が5%OFFになるニフティ割引を適用できます。

高額キャッシュバック還元を受け取りたい方は、GMOとくとくBBまたは@niftyがおすすめです。

ドコモ光のプロバイダに関する口コミ・評判

本記事でおすすめしている、ドコモ光のプロバイダの口コミ・評判を紹介します

スマートフォンもドコモを利用しているので、スマホのセット割りで料金がお得になるのは良かったです。

家族みんなドコモユーザーなので、スマホ料金も含めてトータルで考えたらお得になっています。ドコモユーザーは検討してみる価値があります。

通信速度は特に問題なく毎日使用していても特に苦にならずに 生活できているところです。

月々の料金も分かりやすく他と比べても安いというところと、 キャリアとセットになっているので お得にドコモ光を利用できていると感じています。

値段があまり安くないのではと感じるとこはある docomoユーザーなので、なんとなく流れのまま契約した感じがあります

docomoユーザーでなければこれと言ってお得感もないのであえて選ぶことはないかもと思う

各プロバイダのサポート対応は、丁寧で良かったなどの口コミが多く見受けられました。

ドコモを利用中の方でドコモ光を契約すると、毎月最大1,100円のセット割が適用されるのでスマホを安く利用できるのがメリットです。

dカードGOLDで支払いをすれば10%が還元され、My docomoで支払いを一括管理できるのも特徴。

回線は対象の地域を契約している方と共有しているため、ドコモ光に限らず利用者が多くなる時間帯は混雑しやすくなります。

通信速度が低下した際は、Wi-Fiルーターの再起動や接続方式の変更などで対策してみましょう。

ドコモ光のプロバイダ速度を比較【おすすめの事業者は?】

ドコモ光のプロバイダ21社の通信速度を比較した表は、以下の通りです。

プロバイダ平均通信速度タイプ
GMOとくとくBB下り速度:343.48Mbps
上り速度:254.78Mbps
A
@nifty下り速度:249.52Mbps
上り速度:295.6Mbps
A
OCNインターネット下り速度:259.57Mbps
上り速度:260.22Mbps
A
BIGLOBE下り速度:235.75Mbps
上り速度:251.29Mbps
A
タイガースネット下り速度:199.4Mbps
上り速度:218.75Mbps
A
BB.excite下り速度:213.28Mbps
上り速度:215.18Mbps
A
DTI下り速度:200.21Mbps
上り速度:255.29Mbps
A
andline下り速度:234.24Mbps
上り速度:283.66Mbps
A
hi-ho下り速度:100.09Mbps
上り速度:216.65Mbps
A
楽天ブロードバンド下り速度:136.17Mbps
上り速度:175.97Mbps
A
エディオンネット下り速度:217.99Mbps
上り速度:196.42Mbps
A
SIS下り速度:255.93Mbps
上り速度:232.2Mbps
A
ic-net下り速度:333.99Mbps
上り速度:466.44Mbps
A
SYNAPSE下り速度:218.29Mbps
上り速度:162.78Mbps
A
ネスク下り速度:206.59Mbps
上り速度:263.98Mbps
A
TikiTiki下り速度:237.5Mbps
上り速度:225.7Mbps
A
ASAHIネット下り速度:376.92Mbps
上り速度:386.18Mbps
B
WAKWAK下り速度:319.85Mbps
上り速度:281.89Mbps
B
TNC下り速度:347.79Mbps
上り速度:392.87Mbps
B
@ちゃんぷるネット下り速度:14.89Mbps
上り速度:383.81Mbps
B
@TCOM下り速度:224.03Mbps
上り速度:247.03Mbps
B
※参照:みんなのネット回線速度

ドコモ光のプロバイダ21社の通信速度を比較した結果、GMOとくとくBB光または@niftyがおすすめと言えます。

GMOとくとくBBと@niftyは、どちらも混雑を回避してネットに接続できるv6プラスに対応しているのが特徴。

利用者が多くなっても接続方式を切り替えて混雑を避けるため、安定した速い速度でネットが利用可能です。

実測値を見てみると、GMOとくとくBBの平均下り速度は343.48Mbps・@niftyは249.52Mbpsを計測。

下り速度で200Mbpsを超えていれば、動画の視聴やオンラインゲームでも快適に利用できます。

安定した高速通信でネットを利用したい方は、v6プラスに対応したGMOとくとくBBまたは@niftyがおすすめです。

ドコモ光のおすすめプロバイダ4選

ドコモ光のおすすめプロバイダは、以下の4社です。

上記4社のプロバイダはタイプAのプラン料金で、IPv6に対応しているので高速でネットを利用できます。

中には高額キャッシュバックを用意しているプロバイダもあるので、特典内容やサービス面を比較して最適なプロバイダを選びましょう。

GMOとくとくBB

ドコモ光(GMOとくとくBB光)LP画像
画像引用元:GMOとくとくBB光
項目詳細
月額料金・戸建て:5,500円~8,250円
・マンション:4,180円~8,250円
工事費・戸建て:19,800円
・マンション:16,500円
事務手数料3,300円
平均通信速度・下り速度:343.48Mbps
・上り速度:254.78Mbps
セット割引ドコモ光セット割:毎月最大1,100円永年割引
キャッシュバック/キャンペーン【キャッシュバック】
・最大35,000円キャッシュバック

【キャンペーン】
・新規工事費無料
・Wi-Fiルーター無料レンタル
契約期間2年
提供エリア全国
違約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
※表示価格はすべて税込です

GMOとくとくBBは、プロバイダー運営実績20年以上を誇るGMOインターネットグループ株式会社が運営するプロバイダです。

タイプAのプロバイダなので月額料金も安く、他にも以下のような特徴があります。

  • 最大35,000円キャッシュバック
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • キャッシュバックの増額特典あり
  • 加入プランに応じたdポイントプレゼント
  • 無料訪問サポート
  • セキュリティサービスが1年間無料

最大35,000円のキャッシュバックに加え、乗り換えで15,000円・10ギガプラン契約で10,000円に増額。

さらにv6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできて、セキュリティサービスも1年間無料で利用可能です。

ドコモ光を利用している方限定で無料訪問サポートも受けられるので、インターネット設定が苦手な方でも安心◎

お得なプロバイダを探している方は、通信速度が速く高額キャッシュバックも受け取れるGMOとくとくBBがおすすめです。

\特典が豊富!/

GMOとくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/service/gmohikari/

@nifty

@niftyの公式LP画像
画像引用元:@nifty
項目詳細
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
事務手数料3,300円
平均通信速度下り速度:249.52Mbps
上り速度:295.6Mbps
セット割引・ドコモ光セット割:毎月最大1,100円永年割引
キャッシュバック・最大20,000円キャッシュバック
・2,000dポイントプレゼント
契約期間2年
提供エリア全国
違約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
※表示価格はすべて税込です

@niftyは老舗の大手プロバイダであり、以下のように他社にはない独自サービスを提供している光回線です。

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 「ニフティ割引」でノジマ店内の家電が5%OFF
  • 工事料無料
  • Wi-Fiルーターの無料レンタルが可能

@niftyでは最大20,000円キャッシュバックや、Wi-Fiルーターの無料レンタルなどお得な特典が受けられます。

ニフティ割引や@nifty優待サービスなどの利用で、家電の購入やレジャー・宿泊施設の料金割引など独自の特典も実施中です。

ドコモ光の新規工事費も無料なので、初期費用を抑えたい方にもおすすめのプロバイダと言えるでしょう。

高速通信のIPv6に対応しており通信速度も200Mbps台と、快適にネットの利用が可能です。

初期費用を抑えたい方や対象店舗をよく利用する方は、工事費も無料で家電が5%オフになる@niftyへ乗り換えましょう!

\独自サービスでお得!/

@nifty公式サイト
https://www.nifty.com/

OCNインターネット

OCNインターネットの公式LP画像
画像引用元::OCNインターネット
項目詳細
月額料金戸建て:5,720円~6,380円
マンション:4,400円~6,380円
工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
事務手数料3,300円
通信速度平均下り速度:259.57Mbps
平均上り速度:260.22Mbps
セット割引・ドコモ光セット割:毎月最大1,100円永年割引
キャッシュバック/キャンペーン【キャッシュバック】
11,000円相当のdポイント還元
最大20,000~35,000円相当のdポイント還元

※公式特典
【キャンペーン】
・Wi-Fiルーターの無料レンタル
・初回訪問サポート無料
・総合セキュリティサービス12ヶ月無料
・新規工事費無料
契約期間2年
提供エリア全国
違約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
※表示価格はすべて税込です

OCNインターネットはドコモが提供しているプロバイダで、その他の特徴は以下の通り。

  • 11,000円相当のdポイント還元
  • 高速通信に対応
  • 工事費無料
  • 初回訪問/セキュリティサービス無料

他社からOCNインターネットへ乗り換えると、最大11,000円相当のdポイントが還元され毎月のお支払いにも充てられます。

OCNインターネットはIPv6に対応しており、高速通信でインターネットを快適に利用可能。

IPv6対応のWi-Fiルーターを無料で1年間レンタル可能で、対象期間後はそのまま貰えるため返却する必要がありません。

初回訪問サポートや総合セキュリティサービスが無料なので、初めて契約する方やインターネットの接続が苦手な方にもおすすめです。

NTTドコモが提供する信頼性の高いプロバイダで、安定した高速通信を利用したい方はOCNインターネットを利用しましょう!

OCNインターネットについて

OCNの運営会社であるNTTレゾナントが、NTTドコモに吸収合併する形で誕生した新しいプロバイダになります。

\NTTドコモの提供で信頼性が高い!/

OCNインターネット公式サイト
https://service.ocn.ne.jp/hikari/docomo/

BIGLOBE(ビッグローブ)

ビッグローブ光の公式LP画像
画像引用元:BIGLOBE(ビッグローブ)
項目詳細
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
事務手数料3,300円
平均通信速度下り速度:235.75Mbps
上り速度:251.29Mbps
セット割引・ドコモ光セット割:毎月最大1,100円永年割引
キャッシュバック/キャンペーン【キャンペーン】
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・ネット安心パック12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
契約期間2年
提供エリア全国
違約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
※表示価格はすべて税込です

ビッグローブは35年以上の通信事業を運営している老舗プロバイダで、他にも以下のような特徴があります。

  • 高速通信が利用可能
  • Wi-Fiルーターが無料
  • 初回訪問サポートが無料

IPv6に対応しており混雑しやすい時間帯でも、高速通信で快適にインターネットを楽しむことが可能です。

Wi-Fiルーターの無料レンタルも可能で、2台目以降は月額550円(税込)で借りられるので中継器用のルーターを購入する必要がありません。

初回訪問サポートや電話によるリモートサポート(※)も無料なので、インターネットの設定が不安な方でも安心です。
※回数無制限

初めてドコモ光を契約する方は、サポート対応も充実しているビッグローブをプロバイダとして選びましょう!

ドコモ光のプロバイダを選ぶ5つのポイント

ドコモ光のプロバイダを選ぶ5つのポイント

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイントは、以下の5つです。

プロバイダ選びで重要なのは、月額料金が安くて通信速度が速いプロバイダを選ぶこと。

ドコモ光のプロバイダは21社もあり、月額料金や通信速度・サービス内容は異なります。

ドコモ光で快適にネットを使うためにも、これから紹介する内容を参考にプロバイダを選びましょう。

1:月額料金が安い「タイプA」を選ぶ

ドコモ光のプロバイダを選ぶなら、月額料金が安い「タイプA」を選びましょう。

ドコモ光には「タイプA」と「タイプB」の2種類の月額料金があり、選択できるプロバイダが異なります。

料金タイプ戸建て
タイプA【戸建て】
5,720円
【マンション】
4,400円
タイプB【戸建て】
5,940円
【マンション】
4,620円
※表示価格はすべて税込です
※1ギガ2年定期契約のプラン

タイプAとタイプBの違いは月額料金選べるプロバイダの数だけで、通信速度や安定性に違いはありません。

タイプAのほうが220円安く利用できて、通信速度も速いのでお得です。

またキャッシュバックや無料Wi-Fiレンタル・サービス面なども、タイプAのほうが優れています。

ドコモ光のプロバイダはタイプAから選びましょう

タイプ別プロバイダ一覧はこちら

2:通信速度で選ぶ

通信速度の目安の画像
画像引用元:GMOとくとくBB

通信速度を重視する方は「ドコモ光のプロバイダ速度を比較」を参考に、通信速度が速いプロバイダを選びましょう。

インターネットを快適に利用するには通信速度が重要ですが、プロバイダごとに通信速度の差はほとんどありません

光回線の速度の目安として、下りの速度が100Mbpsを超えていれば動画視聴やオンラインゲームなどを快適に楽しめます。

ドコモ光のプロバイダはどこも100Mbpsを超えているので、普段使いで困ることはありません。

また速度重視なら、IPv6対応のWi-Fiルーターが無料レンタルできるプロバイダを選びましょう。

契約時に無料レンタルできるプロバイダを選べば初期費用を節約できるので、お得に契約できます。

3:キャンペーン内容で選ぶ

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際は、キャンペーンもチェックしましょう。

おすすめプロバイダのキャンペーン内容は、以下のとおりです。

プロバイダキャンペーン内容
GMOとくとくBB【キャンペーン】
・新規工事費無料
・Wi-Fiルーター無料レンタル
【キャッシュバック】
・最大35,000円キャッシュバック
@nifty【キャンペーン】
新規工事費無料
【キャッシュバック】
・最大20,000円キャッシュバック
・2,000dポイント還元
OCNインターネット【キャンペーン】
・Wi-Fiルーターの無料レンタル
・初回訪問サポート無料
・総合セキュリティサービス12ヶ月無料
・新規工事費無料

【キャッシュバック】
11,000円相当のdポイント還元
最大20,000~35,000円相当のdポイント還元

※公式特典
BIGLOBE【キャンペーン】
・Wi-Fiルーター無料レンタル
・ネット安心パック12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
【キャッシュバック】
なし

GMOとくとくBBは最大35,000円、@niftyは最大20,000円のキャッシュバック特典があります。

しかしその他のおすすめプロバイダでは、キャッシュバック特典を実施していません。

どのプロバイダを選んでも月額料金や通信速度は変わらないため、キャッシュバックを利用して契約できるプロバイダがおすすめです。

4:サポート体制で選ぶ

プロバイダを選ぶ際は、サポート体制が整っているかも重要です。

サポート体制が整っていないプロバイダだと、トラブルが起こった際に問題を解決できずネットを使えなくなる可能性もあります。

「ネットに接続できなくなった」「設定方法がわからない」など、トラブルは起こり得るものです。

早くトラブルを解決するためにも、土日も営業しているプロバイダを選びましょう。

GMOとくとくBB@niftyは、土日も営業しているのでおすすめです。

5:オプションで選ぶ

プロバイダには以下のようなオプションがありますが、それぞれ異なるので自分に合うサービスをしっかり確認しておきましょう。

プロバイダ限定オプション
GMOとくとくBB・ドコモ光テレビオプション
・ドコモ光電話
@nifty・優待サービス
・@niftyまかせて365
・@nifty VPN wifi
・リモートサポート初回1回のみ無料
・メール機能拡張サービス IMAP機能が初月無料
OCNインターネット・OCNマイポケット
・各種コンテンツサービス
・利用端末の補償オプション
BIGLOBE・セキュリティセットプレミアム
・BIGLOBE スマホバックアップ
・BIGLOBE SIM端末保証サービス
・インターネット端末保証

Wi-Fiルーターはスマホやパソコンを無線で利用する際に必要であり、セキュリティソフトは外部ウィルスから守るのに必要です。

訪問サポートではネットの接続やメール設定などを、専門業者が訪問して設定してくれます。

契約を考えているプロバイダのオプションも、しっかりとチェックしておきましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更に関する3つの注意点

ドコモ光のプロバイダ変更に関する3つの注意点

ドコモ光のプロバイダを変更する際には、以下の3つの注意点があります。

有料オプションは解約しないと毎月請求され、プロバイダを変更するタイミングによっては違約金がかかる可能性も。

プロバイダを変更してから後悔する前に、しっかりと把握しておきましょう。

メールアドレスが使えなくなる

プロバイダを変更すると、以前使っていたプロバイダのメールアドレスは使えなくなります

プロバイダのメールアドレスに重要な内容が届くように設定している方は、以下の方法を行いましょう。

  • 無料のメールアドレス作成して設定しておく
  • メールアドレスを残せるオプションに加入する

プロバイダを変更する前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを作成し、メールが届くように設定しておくのがおすすめです。

またプロバイダによっては、メールアドレスのみを利用できるオプションを用意しています。

プロバイダを変更した後も同じメールアドレスを使いたい方は、有料オプションに加入しましょう。

有料オプションは自動解約されない可能性がある

有料オプションは、プロバイダの解約と同時に自動解約されない可能性があります。

プロバイダを解約すればオプションも解約されるのが一般的ですが、有料オプションの場合はプロバイダと一緒に解約されない可能性も。

有料オプションは個別で解約しないと、使ってもいないのにオプション料金を毎月請求されることになるので注意が必要です。

有料オプションは提供条件を確認して、必要ならプロバイダと一緒に解約しましょう。

違約金がかかる可能性がある

ドコモ光のプロバイダを変更する際には、プラン料金の変更と判断され違約金がかかる可能性があります。

プロバイダ変更の際にかかる違約金は以下のとおりです。

おすすめプロバイダ違約金
GMOとくとくBB戸建て:5,500円
マンション:4,180円
@nifty
OCNインターネット
BIGLOBE
※表示価格はすべて税込です

上記の違約金は2年契約の場合で、定期契約なしの場合は戸建ては+1,650円(税込)・マンションは+1,100円(税込)かかります。

プロバイダを変更する前に、違約金がかかるか確認しておきましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光のプロバイダの変更手順は以下のとおりです。

1ギガから10ギガの変更と同時にプロバイダの変更はできなかったり、費用がかかる場合があったりするので注意が必要です。

プロバイダ変更時の注意点も含め、ドコモ光のプロバイダを変更する方法を紹介します。

1:プロバイダ変更を申し込む

ドコモ光のプロバイダを変更したい方は、ドコモインフォメーションセンターへ連絡もしくはドコモショップに行きましょう。

契約しているプロバイダのWebサイトやサポート窓口に連絡しても、プロバイダは変更できないので注意してください。

ドコモ光のプロバイダを変更する際の連絡先は以下のとおりです。

変更方法連絡先
ドコモインフォメーションセンター【受付時間】
午前9時~午後8時
【連絡先】
ドコモ携帯:151
一般電話:0120-800-000
【音声ガイダンス】
「7」→「1」→「3」の順番で操作
ドコモショップ【受付時間・連絡先】
ショップによって異なる
オンライン【受付時間】
24時間
【連絡先】
My docomo

プロバイダの変更手続きを申請すると契約書類が送付され、申し込みから切り替えまでは最短で10日ほどかかります。

プロバイダが切り替わったら、書類に記載されている内容に沿ってWi-Fiルーターの設定などを行いましょう。

2:ルーターの設定・旧プロバイダへレンタル機器を返却する

指定の期間中にプロバイダを解約・変更する場合、レンタル機器の返却が必要です。

レンタル機器を期日までに返却しなかった場合、端末損害金未返却違約金などを請求されます。

たとえばGMOとくとくBBで、レンタルしたWi-Fiルーターを期日までに返却しなかった場合の端末損害金は以下のとおりです。

プラン端末損害金
1ギガプラン11,000円
10ギガプラン22,000円
※表示価格はすべて税込です

返却しなかった場合の費用はプロバイダによって異なるので、事前に確認しておきましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更にかかる費用

ドコモ光のプロバイダを変更する際には費用がかかり、事務手数料は3,300円です。

ドコモ光にはタイプA・タイプB・単独プランの3種類があり、以下のように変更パターンによって費用がかかる場合があります。

変更パターン費用
・タイプA→タイプA
・タイプB→タイプB
3,300円
・タイプA→タイプB
・タイプB→タイプA
3,300円
単独プラン→タイプAもしくはタイプB無料
タイプA・タイプBともに廃止3,300円
※表示価格はすべて税込です

異なるタイプのプロバイダに変更する場合、プラン料金も変更となるので注意しましょう。

ドコモ光のプロバイダの設定手順や確認する方法

ドコモ光のプロバイダの設定手順や確認する方法

現在利用しているドコモ光のプロバイダを確認する方法は、いくつかあります。

  • My docomo
  • 契約書類
  • 利用明細
  • 回線会社に電話
  • 割り当てられたメールアドレス

契約書類や利用明細が見当たらない場合は、「My docomo」で確認しましょう。

「My docomo」で確認する手順は以下のとおりです。

  1. My docomoにアクセス
  2. dアカウントでログイン
  3. 「ご契約内容」を選択
  4. ドコモ光の項目を選択

「My docomo」にログインすれば、契約内容やプロバイダ情報・支払い履歴などを確認できます。

解約時の違約金や更新月はそれぞれプロバイダごとで異なるので、事前に把握しておきましょう。

ドコモ光のプロバイダに関するよくある質問と回答

ドコモ光のプロバイダに関するよくある質問と回答をまとめました。

ドコモ光に関する疑問を解消してから申し込みしましょう。

Q1:ドコモ光はプロバイダ不要でも利用できる?

ドコモ光は、プロバイダ不要では利用できません

ドコモ光は、プロバイダがセットになっている一体型の光回線です。

フレッツ光のようにプロバイダを別途契約する必要はありませんが、プロバイダ自体は必要になります。

Q2:ドコモ光のプロバイダの中でゲームにおすすめなのはどこ?

オンラインゲームをするなら速度はもちろんですが、「Ping値」も重要です。

FPSやTPSなどのオンラインゲームを快適にプレイするためには、Ping値が50ms以下になるプロバイダを選びましょう。

プロバイダ平均Ping値
GMOとくとくBB19.28ms
@nifty15.79ms
OCNインターネット20.08ms
BIGLOBE17.56ms
※参照:みんなのネット回線速度

ドコモ光のおすすめプロバイダでPing値を比較すると、@niftyが最も低い数値を計測しています。

他のプロバイダも十分に数値は低く、快適にオンラインゲームを楽しめるでしょう。

しかし通信速度にこだわるなら、Ping値が一番低い@niftyがおすすめです。

Ping値とは

Ping値とはデバイスとサーバー間の送受信にかかる時間のこと

\オンラインゲームに最適!/

@nifty公式サイト
https://www.nifty.com/

Q3:ドコモ光には10ギガタイプに対応しているプロバイダはある?

ドコモ光には、以下のように10ギガに対応しているプロバイダがあります。

データ高速通信が使い放題・複数のデバイスとも同時接続可能なドコモ光の10ギガは、快適にネットを楽しみたい方におすすめです。

しかし10ギガプランは首都圏や東海・関西地方の一部地域のみでしか利用できないので、契約できるか事前に確認しておきましょう。

Q4:ドコモ光のプロバイダは全部で何種類ありますか?

ドコモ光のプロバイダは、全部で21種類です。

21種類もあると選ぶのに苦労しますが、どのプロバイダを選んでも通信速度はほとんど変わりません

選ぶのに迷ったら、ドコモ光のプロバイダを選ぶ5つのポイントを参考に自分に合ったプロバイダを選びましょう。

Q5:ドコモ光のプロバイダの中で速度が一番速いのは?

ドコモ光のプロバイダで速度が一番速いのは、ASAHIネットです。

ドコモ光のプロバイダの、平均通信速度トップ5は以下のとおり。

プロバイダ平均通信速度
ASAHIネット下り速度:376.92Mbps
上り速度:386.18Mbps
TNC下り速度:347.79Mbps
上り速度:392.87Mbps
GMOとくとくBB下り速度:343.48Mbps
上り速度:254.78Mbps
ic-net下り速度:333.99Mbps
上り速度:466.44Mbps
WAKWAK下り速度:319.85Mbps
上り速度:281.89Mbps
※参照:みんなのネット回線速度

ASAHIネットとTNCはタイプBの料金プランで、キャッシュバックやWi-Fiルーターのレンタルなどは行っていません

3番目に速いGMOとくとくBBはタイプAで月額料金が安く、キャッシュバックやWi-Fiルーターのレンタルなどを行っています。

ドコモ光のプロバイダを選ぶなら、通信速度だけではなく月額料金やキャンペーンなども参考にしましょう。

Q6:ドコモ光のプロバイダ「ぷらら」は申し込みが終了している?

ぷららは2023年6月30日をもって、新規申込の受け付けを終了しています。

サービスの継続は行っているため契約中の方は利用できますが、新たに申し込みはできないので注意が必要です。

しかしぷららをドコモ光以外で利用している方は、プロバイダをぷららのままドコモ光に変更はできます。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

本記事では、ドコモ光のおすすめプロバイダを比較して紹介しました。

ドコモ光には21社のプロバイダがあるため、以下のポイントを参考にプロバイダを選びましょう。

  • 月額料金が安い「タイプA」を選ぶ
  • 通信速度で選ぶ
  • キャンペーン内容で選ぶ
  • サポート体制で選ぶ
  • オプションで選ぶ

プロバイダ選びで迷ったら、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBはタイプAで月額料金が安く、v6プラス対応で混雑する時間帯でも安定した速度で快適にネットを利用できます。

最大35,000円のキャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルなど、プロバイダの中で最も多くの特典を用意しているのが特徴です。

初回無料訪問サポートもついており、インターネットの接続設定はプロに任せられるので一人で行うのは不安という方でも安心。

月額料金や通信速度が同じプロバイダから選ぶなら、キャッシュバックや特典でお得に契約できるGMOとくとくBBがおすすめです。

\お得なキャンペーンが盛りだくさん!/

GMOとくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/service/gmohikari/

この記事の編集者

ココモバイル編集部は「最適なプランを選ぶための情報提供×スマホ・インターネット回線に関するお悩みや疑問を解消できるメディア」をコンセプトに情報を発信しております。
当メディアの記事は、全てココモバイル編集部で編集・チェックを行い正確な情報を提供することを心がけています。

Contents