データ通信無制限のおすすめ格安SIMを徹底比較【2024年2月】ギガ使い放題やかけ放題プランも紹介

データ無制限プランの格安simおすすめ17社を比較!注意点やおすすめな人も解説

本ページはプロモーションが含まれています

「格安SIMのデータ通信無制限プランはどこがおすすめ?」

大手キャリアよりも料金が安く、データ通信無制限プランのある格安SIMへ乗り換えを検討している方も多いでしょう。

しかし、データ通信無制限プランを提供する格安SIMは多く「結局どの格安SIMがいいの?」と悩む方も多いはず。

本記事では、データ通信無制限プランのある格安SIMを徹底比較してご紹介します。

また、乗り換えを検討中の方に向けて、データ通信無制限プランがおすすめな方や利用する際の注意点も紹介。

自分に合ったデータ無制限の格安SIMを選ぶためにも、ぜひ本記事を参考にしてください。

データ通信無制限の格安SIMなら
高速データ無制限がお得な楽天モバイル

楽天モバイルのLP画像
出典:楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルは、月額3,278円でデータ通信無制限でギガ使い放題のお得な携帯キャリアです。

速度制限付きで無制限が多い格安SIMの中、楽天モバイルでは高速通信でデータ通信無制限に対応しているのも魅力。

2023年6月から提供された「Rakuten最強プラン」から人口カバー率99.9%を達成して通信品質も大幅に良くなりました。

乗り換えキャンペーンも豊富なので、お得にデータ通信無制限の格安SIMへ乗り換えるなら楽天モバイルがおすすめです。

\月額3,278円でデータ通信無制限!/

公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

【最新のおすすめ情報】
iPhone15とiPhone14を徹底比較して解説

Contents

格安SIMの無制限プランとは|何が使い放題なの?

格安SIMの無制限プランでは、データ通信量や特定のサービスが使い放題になるプランがあります。

無制限プランの種類は、以下の3種類です。

無制限プランを正しく把握すれば自分に最も合っているプランを選べるので、格安SIM選びで失敗する可能性を減らせます。

それぞれのプランについて詳しく解説していくので、格安SIMを選ぶ前に把握しておきましょう。

データ通信無制限でギガ使い放題

格安SIMの無制限プランの1つ目は、データ通信無制限でギガ使い放題のプランです。

データ通信無制限プランがおすすめな方は、以下の通り。

おすすめな人の特徴
  • 様々な用途でインターネットを利用する方
  • 契約したギガを使い切って速度制限をかけたくない方

高画質の動画視聴やSNSなどのインターネットを頻繁に利用したい場合に、データ通信量を気にせずに利用できるのがメリットです。

しかし、データ通信無制限プランの中でも高速通信でギガ使い放題の格安SIMは「楽天モバイル」のみ。

他の格安SIMは、日常使いに困らない程度の速度制限が付いているサービスがほとんどです。

楽天モバイルであれば、高速なデータ通信が無制限でギガ使い放題な上に月額3,278円という安さで利用できます。

高速通信でデータ無制限プランの格安SIMを探しているなら楽天モバイルへ乗り換えると良いでしょう。

データ通信無制限でギガ使い放題の格安SIMを見る

特定のサービスが使い放題のカウントフリーオプション

格安SIMの無制限プランの2つ目は、特定サービスをデータ通信無制限で利用できるカウントフリーオプションです。

【カウントフリーオプションとは】
SNSや動画サービスなどの指定サービスでのデータ消費がカウントされないオプション

カウントフリーオプションがおすすめな方は、以下の通り。

おすすめな人の特徴
  • 利用するアプリやサービスが限られている
  • データ通信容量を気にせずにアプリ・サービスを利用したい

カウントフリーオプションは、利用するサービスが限られている人や、データ通信容量を気にせず動画・音楽を楽しみたい人におすすめです。

格安SIMによってカウントフリーの対象サービスは異なるので、自分が良く使うサービスが対象になっている格安SIMを選びましょう。

>特定サービスがカウントフリーの格安SIMを見る

無制限で通話し放題のかけ放題オプション

格安SIMの無制限プランの3つ目は、時間無制限で通話し放題のかけ放題オプションです。

かけ放題オプションがおすすめな方は、以下の通り。

おすすめな人の特徴
  • 通話料や通話時間を気にせず電話したい
  • 5分以上の通話をする頻度が多い

音声通話をよく利用される方は、通話料や通話時間を気にせず電話したいという方も多いでしょう。

かけ放題オプションには、通話の頻度や時間に応じて以下のように複数の種類があります。

  • 5分以内/10分以内の通話がかけ放題
  • 指定した相手への通話がかけ放題
  • 完全無制限の国内通話がかけ放題

完全無制限のかけ放題はオプション料金も1,100~1,900円程度ですが、通話頻度や時間によってはお得になる場合もあるでしょう。

通話料や通話時間を気にせず通話したい人や1回の通話時間が5分以上になることが多い人におすすめです。

>かけ放題で通話無制限の格安SIMを見る

データ通信無制限プランの格安SIMおすすめ【4選】を徹底比較

データ通信無制限プランのおすすめ格安SIMをご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

楽天モバイル

楽天モバイル LP
出典:楽天モバイル
格安SIM名楽天モバイル
月額料金3GBまで:1,078円
20GBまで;2,178円
無制限:3,278円
カウントフリーなし
かけ放題Rakuten Link使用時の国内通話はかけ放題
利用回線楽天回線/au回線
公式サイトhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/
料金は全て税込価格

データ通信無制限の格安SIMなら、月額3,278円でギガ使い放題の「楽天モバイル」がおすすめです。

高速通信でギガ使い放題の無制限プランを提供している格安SIMの中でも、楽天モバイルの月額料金は圧倒的に安いと言えます。

また、2023年6月から提供開始した「Rakuten最強プラン」から、楽天回線エリアだけでなくパートナー(au)回線でもデータ通信無制限になりました。

さらに、人口カバー率99.9%を達成したため、電波が悪いと言われていたデメリットも解消されて利便性が向上。

高速通信でデータ容量無制限プランをお得に利用したい方は、楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

\月額3,278円でデータ通信無制限で使い放題/

公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

【関連記事】

LINEMO

LINEMO キャンペーン
出典:LINEMO
格安SIM名LINEMO
月額料金ミニプラン(3GB):990円
最大12ヶ月実質0円キャンペーン中

スマホプラン(20GB):2,728円
カウントフリーLINEアプリ利用でのデータ消費ゼロ
かけ放題▼通話オプションへの加入が必要

通話準定額(5分以内の通話無料):550円
通話定額(完全かけ放題):1,650円
利用回線ソフトバンク回線
公式サイトhttps://www.linemo.jp/
料金は全て税込価格

データ通信無制限の格安SIMなら、最大1Mbpsでギガ使い放題の「LINEMO」がおすすめです。

LINEMOは、2022年度顧客満足度3冠(※)を獲得しており、ユーザーのサービス満足度が高いことがわかります。
※参考:日本生産性本部J.DパワーMMD研究所

無制限プランこそないものの高速通信の容量を使い切っても最大1Mbpsで利用できるので日常使いには困らないでしょう。

また、「LINEギガフリー」という機能でLINEのメッセージ送受信や通話などのデータ通信はカウントフリーで無制限で利用できます。

LINEMOでは、月額料金が最大12ヶ月実質0円キャンペーンを実施しているため、お得に乗り換えられるでしょう。

データ通信無制限で利用したい方、LINEのギガ消費なしで使い放題が良い方は、LINEMOへの乗り換えがおすすめです。

\月額料金が最大12カ月実質無料キャンペーン中/

公式サイト
https://www.linemo.jp/

【関連記事】

mineo(マイネオ)

mineoのマイピタまるっと990円キャンペーン情報のLP画像
出典:mineo(マイネオ)
格安SIM名mineo
月額料金【マイピタ】
1GB:880円~
5GB:1,265円〜
10GB:1,705円~
20GB:1,925円〜

【マイそく】
プレミアム(最大3Mbps)無制限:2,200円
スタンダード(最大1.5Mbps)無制限:990円
ライト(最大300kbps)無制限:660円

スーパーライト(最大32kbps)無制限:250円
カウントフリーなし
かけ放題▼通話オプションへの加入が必要
・10分かけ放題:550円
・時間無制限かけ放題:1,210円
利用回線ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線
公式サイトhttps://mineo.jp/
料金は全て税込価格

データ通信無制限の格安SIMなら、最大通信速度で選ぶデータ無制限プランがある「mineo」がおすすめです。

最大通信速度別の料金プランは、以下の通りです。

マイそくプラン通信速度月額料金
プレミアム最大3Mbps2,200円
スタンダード最大1.5Mbps990円
ライト最大300kbps660円
スーパーライト最大32kbps250円

高速通信とはいえない速度ですが、高画質の動画を視聴したり容量の大きいゲームアプリなどを利用しない場合は、気にならないでしょう。

また、mineoは、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3大キャリアの通信エリアから選んで契約できます。

大手キャリアの通信エリアを利用できるため、格安SIMへの乗り換えで通信品質が不安という方も安心です。

またmineoの提携サイト限定キャンペーンで事務手数料3,300円が無料になるため、乗り換えの初期費用を抑えたい方はぜひ申し込みましょう。

【mineo×ココモバイル】
\提携サイト限定で事務手数料無料/

公式サイト
https://mineo.jp/
※事務手数料無料はmineoとの連携サイト限定のキャンペーンです
※指定リンクからのみ特典が適用されます
※お試し200MBコース・マイそくスーパーライトを申し込みの方は適用対象外

【関連記事】

UQモバイル

UQモバイル 乗り換えキャンペーン
出典:UQ mobile
格安SIM名UQモバイル
月額料金【トクトクプラン】
1GBまで:990円~(※)
15GBまで:2,178円~(※)

【コミコミプラン】
20GB+10分かけ放題:3,278円

【ミニミニプラン】
4GB:1,078円~(※)


※自宅セット割/auPAYカードお支払い割適用時
カウントフリーなし
かけ放題▼通話オプションへの加入が必要

通話放題(完全かけ放題):1,980円
通話定額ライト(10分以内の通話かけ放題):880円
通話パック(60分/月):550円
利用回線au回線
公式サイトhttps://www.uqwimax.jp/mobile/
料金は全て税込価格

データ通信無制限の格安SIMなら、節約モードで実質無制限の「UQモバイル」がおすすめです。

他の格安SIMにはない節約モードを設定すると300kbpsの速度で契約プランのデータ通信容量を消費せず無制限でスマホを利用できます。

また、余ったデータ通信容量は、翌月以降に繰り越して利用できるのもUQモバイルの魅力です。

節約モードとデータ繰り越しを上手く活用すれば、auの安定した通信回線を格安で無制限のように利用できるでしょう。

また、契約プランのデータ容量を超過した場合でも、最大1Mbpsの速度で利用できるのでSNSやネットなどもストレスなく利用できます。

他社からの乗り換え(MNP)で最大10,000円相当のauPAY残高還元のキャンペーン中なので、ぜひUQモバイルへ乗り換えてみましょう。

\余ったデータは翌月に繰り越し可能/

公式サイト
https://www.uqwimax.jp/mobile/

【関連記事】

カウントフリー|特定サービスがデータ通信無制限で使い放題の格安SIM

カウントフリーオプションで特定サービスのデータ通信無制限プランがあるおすすめ格安SIMをご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

NUROモバイル

NUROモバイル 公式画像
出典:NUROモバイル
格安SIM名NUROモバイル
月額料金3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
20GB:2,699円
40GB:3,980円
カウントフリーLINE/Twitter/Instagram/Tik Tok
かけ放題▼以下、通話オプションへの加入が必要
・5分かけ放題:490円
・10分かけ放題:880円
・かけ放題:1,430円
利用回線ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線
公式サイトhttps://mobile.nuro.jp/
料金は全て税込価格

NUROモバイルは以下の対象サービスは、容量無制限のカウントフリーオプションが付いている格安SIMです。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Tik Tok

対象サービスの中にもカウントフリーに対応していない機能もあるので注意が必要。

LINEの場合だと音声通話はカウントフリーの対象ですが、ビデオ通話は対象になりません。

各サービスごとに細かく設定されているので、自分がよく使うサービスがカウントフリーの対象か確認しましょう。

通常の機能は容量無制限なので非常にお得に利用できます。

上記4つのサービスを頻繁に利用する人は、NUROモバイルがおすすめです◎

\対象SNSはデータ消費されない!/

公式サイト
https://mobile.nuro.jp/

LinksMate(リンクスメイト)

リンクスメイト 公式画像
出典:LinksMate(リンクスメイト)
格安SIM名リンクスメイト
月額料金1GB:737円
3GB:902円
5GB:1,210円
10GB:1,870円
20GB:2,970円
30GB:3,905円
40GB:4,840円
50GB:5,500円
など
カウントフリーカウントフリーオプション:550円
対象のゲームやSNSの通信料カウントが90%OFF
かけ放題▼以下、通話オプションへの加入が必要
10分かけ放題:935円
利用回線ドコモ回線
公式サイトhttps://linksmate.jp/
料金は全て税込価格

リンクスメイトは、データ消費量が90%以上OFFになるカウントフリー付きの格安SIMです。

対象サービスとOFFになるデータ容量の目安は以下の通り。

スクロールできます
対象サービス通常のデータ使用量90%OFFのデータ使用量
グランブルー
ファンタジー
4.2GB
※1日1時間プレイの場合
0.42GB
※1日1時間プレイの場合
ABEMA TV14.4GB
※1日1時間視聴の場合
1.44GB
※1日1時間視聴の場合
Instagram2.7GB
※1日10分閲覧の場合
0.27GB
※1日10分閲覧の場合

リンクスメイトは、ゲーム・動画コンテンツ・SNSの様々なジャンルをカウントフリーの対象にしています。

料金プランがギガ数に応じて細かく設定されており、最大1TBまで契約可能です。

上記3つのサービスを頻繁に使う人は、リンクスメイトに乗り換えると大幅にデータ使用量を節約できますよ◎

\最大1TBまでデータを使える!/

公式サイト
https://linksmate.jp/

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル 公式画像
出典:BIGLOBEモバイル
格安SIM名BIGLOBEモバイル
月額料金1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
カウントフリーエンタメフリーオプション:308円~
対象サービスの通信量ノーカウント
かけ放題▼以下、通話オプションへの加入が必要
・3分かけ放題:660円
・10分かけ放題:913円
利用回線ドコモ回線/au回線
公式サイトhttps://join.biglobe.ne.jp/mobile/
料金は全て税込価格

BIGLOBEモバイルは以下の対象サービスがカウントフリーになる、「エンタメフリー・オプション」がある格安SIMです。

ジャンル対象サービス
動画配信・YouTube
・ABEMA
・U-NEXT
・YouTube Kids
音楽・ラジオ配信・YouTube Music
・Apple Music
・Spotify
・AWA
・Amazon Music
・LINE MUSIC
・radiko
・らじる★らじる
・dヒッツ
・楽天ミュージック
・TOWER RECORDS MUSIC
電子書籍配信・dマガジン
・dブック
・楽天マガジン
・楽天Kobo
その他のアプリ・Facebook Messenger
・au PAY マーケット

格安SIMのカウントフリーでは最も多くのサービスが対象です。

音楽や動画などのデータ消費が激しいジャンルですが、BIGLOBEモバイルであればデータ消費を気にせずに対象サービスを楽しめます。

ネット無制限で上記の対象サービスを利用したい人は、BIGLOBEモバイルがおすすめです。

\カウントフリーが多い!/

公式サイト
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

かけ放題プラン|通話時間が無制限で電話使い放題の格安SIM

通話時間無制限で電話使い放題のかけ放題オプションがあるおすすめ格安SIMをご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

楽天モバイル

楽天モバイル LP
出典:楽天モバイル
格安SIM名楽天モバイル
月額料金3GBまで:1,078円
20GBまで;2,178円
無制限:3,278円
カウントフリーなし
かけ放題Rakuten Link使用時の国内通話はかけ放題
利用回線楽天回線/au回線
公式サイトhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/
料金は全て税込価格

かけ放題で通話無制限の格安SIMなら、RakutenLinkで国内通話が無料の「楽天モバイル」をおすすめします。

Rakuten Linkは、楽天モバイルユーザー専用の通話アプリで国内通話やSMSが無料で利用できるサービスです。

楽天モバイル RakutenLink

Rakuten Linkアプリから発信するだけで国内通話が無制限でかけ放題になるので、とても簡単に電話し放題になります。

アプリの対応機種は以下の通りです。

Rakuten Link対応機種一覧

Android版Android 9以降のOSを搭載した楽天モバイル対応機種
iOS版iOS14.4以降を搭載したiPhone

楽天モバイルを利用できるほとんどのスマホがRakuten Linkに対応しているといっても過言ではありませんが、OSの確認はしておきましょう。

電話の利用頻度が多く無制限でかけ放題にしたい方、通話時間を気にせずに電話したい方は楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

\楽天モバイルなら電話もデータ通信も無制限!/

公式サイト
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

【関連記事】

ahamo

ahamoの公式画像
出典:ahamo
格安SIM名ahamo
月額料金20GB:2,970円
100GB:4,950円
カウントフリーなし
かけ放題1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題
※完全かけ放題は、1,100円のオプション加入が必要
利用回線ドコモ回線
公式サイトhttps://ahamo.com/
料金は全て税込価格

かけ放題で通話無制限の格安SIMなら、1回5分以内のかけ放題が無料の「ahamo」がおすすめです。

ahamoは、1回5分以内の国内通話かけ放題が基本料金の月額2,970円に含まれているため、オプション料金がかかりません。

完全かけ放題にしたい場合は、月額1,100円のかけ放題オプションに加入する必要はありますが、他社の格安SIMより割安です。

また、大手キャリアドコモの安定した通信環境でスマホを利用できるため電話もネットも快適に利用できるでしょう。

5分以内の通話が多い方や格安で完全かけ放題を利用したい方は、ahamoへの乗り換えをおすすめします。

\ahamoなら5分以内の通話も長電話もおトクに!/

公式サイト
https://ahamo.com/

【関連記事】

LINEMO

LINEMO キャンペーン
出典:LINEMO
格安SIM名LINEMO
月額料金ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
カウントフリーLINEアプリ利用でのデータ消費ゼロ
かけ放題▼通話オプションへの加入が必要

通話準定額(5分以内の通話無料):550円
通話定額(完全かけ放題):1,650円
利用回線ソフトバンク回線
公式サイトhttps://www.linemo.jp/
料金は全て税込価格

かけ放題で通話無制限の格安SIMなら、LINE通話がデータ消費0で利用できる「LINEMO」がおすすめです。

LINEMOは「LINEギガフリー」機能で、LINEでの通話・ビデオ通話をデータ消費0なので、LINEでの電話が多い方に向いています。

また、電話番号を利用した通話が多い方は、通話定額オプション割引キャンペーンでお得にかけ放題を利用できるでしょう。

LINEMO かけ放題オプションキャンペーン

キャンペーン適用時のオプション料金

通話オプション月額料金
通話準定額
(5分以内のかけ放題)
550円
7ヶ月目まで無料
通話定額
(完全かけ放題)
1,650円
7ヶ月目まで1,100円

LINEMOでは、他社から乗り換えの場合、通話オプションだけでなく基本料金も最大12ヶ月実質無料キャンペーン中です。

LINEアプリでの通話が多い方やお得なキャンペーンを受けて格安SIMへ乗り換えたい方は、LINEMOへの乗り換えをおすすめします。

\月額料金が最大12カ月実質無料キャンペーン中/

公式サイト
https://www.linemo.jp/

【関連記事】

速度別のデータ通信無制限プランの格安SIMを比較

速度制限付きのデータ通信無制限プランがある格安SIMを速度別でご紹介します。

速度制限付きのため普段の高速通信よりは劣るといえるでしょう。

しかし、利用用途によって必要な通信速度も異なるので自分の使い方にあった無制限プランを見つけましょう。

500kbps以下でデータ無制限の格安SIM

最大500kbps以下のデータ通信速度でできることは、以下の通りです。

  • 写真のほぼないテキストメインのWebサイト
  • X(旧Twitter)やLINEなどのSNS利用
  • 地図アプリやマップ検索
  • 音楽のストリーミング

通信速度が500kbps以下の場合、テキストメインのWebサイトを閲覧したり、SNSの利用をするのは問題ないでしょう。

LINE通話も利用できますが、ビデオ通話になると利用できない可能性が高いので注意しましょう。

それでは、通信速度500kbps以下でデータ無制限の格安SIMをご紹介します。

  • マイネオロゴ
    マイそくライト(最大300kbps):660円~
  • DMMモバイル ロゴ
    シングルコースライト(最大200kbps):484円~
  • exciteモバイルのロゴ
    Fitプラン(最大200kbps):350円~

mineoの「マイそく ライト」を契約すれば、300kbpsでデータ無制限利用できます。

300kbpsでは動画視聴は出来ないものの、メール・通話などは利用可能です。

LINEもビデオ通話以外なら問題なく動作するので、300kbpsでも連絡手段に困ることはないでしょう。

月額660円の安さでデータ無制限利用ができるため、非常にコストパフォーマンスが良い料金プランと言えます。

自宅にWi-Fiがある・外出先ではあまりスマホを使用しない・最低限の連絡だけ行えれば良い人は「マイそく ライト」がおすすめです◎

\コスパ良くmineoを利用する/

公式サイト
https://mineo.jp/

1Mbpsでデータ無制限の格安SIM

最大1Mbpsのデータ通信速度でできることは、以下の通りです。

  • 写真が少ないのWebサイト
  • X(旧Twitter)やLINEなどのSNS利用
  • 地図アプリやマップ検索
  • 音楽のストリーミング
  • 標準画質での動画視聴

通信速度が1Mbpsの場合、WebサイトやSNSだけでなく標準画質であれば動画視聴も問題なく利用できる速度といえます。

写真が多い通販サイトや画像投稿がメインのSNSなどは読み込みに時間がかかってストレスに感じることもあるでしょう。

通信速度が最大1Mbpsでデータ無制限の格安SIMをご紹介します。

  • LIENMO ロゴ
    ミニプラン(3GB):990円
    スマホプラン(20GB):2,728円
    ※契約プランの高速通信を使いきると最大1Mbpsで無制限
    LINEMOの紹介箇所をみる
  • UQモバイル ロゴ
    トクトクプラン(1GB~):990円~
    コミコミプラン(20GB):3,278円~
    ※契約プランの高速通信を使いきると最大1Mbpsで無制限
    UQモバイルの紹介箇所をみる
  • ahamo ロゴ
    基本プラン(20GB):2,970円
    大盛りオプション(100GB):4,950円
    ※契約プランの高速通信を使いきると最大1Mbpsで無制限
    ahamoの紹介箇所をみる

LINEMOは、速度制限がかかっても最大1Mbpsの比較的速い速度で利用できます。

制限がかかった状態であれば実質的に使い放題になるうえ、ある程度の速度も担保しているLINEMOは利便性抜群です。

また、LINEMOでは「LINEギガフリー」でLINEの利用に関するデータ消費0で無制限なので、日常利用で困ることはないでしょう。

今なら、月額料金が最大12ヶ月実質0円キャンペーン実施中なので、お得に乗り換えたい方はLINEMOがおすすめです。

\月額料金が最大12カ月実質無料キャンペーン中/

公式サイト
https://www.linemo.jp/

3Mbpsでデータ無制限の格安SIM

最大3Mbpsのデータ通信速度でできることは、以下の通りです。

  • Webサイトの閲覧
  • SNSの利用
  • 地図アプリやマップ検索
  • 音楽のストリーミングやダウンロード
  • 標準画質での動画視聴

通信速度が3Mbpsの場合、通常のWebサイトの閲覧や画像や動画の読み込みでも問題なく利用できるでしょう。

高速通信と比較すると読み込み時間に差はありますが、普段使いには大きな影響はないといえます。

2024年2月時点では、通信速度が最大3Mbpsでデータ無制限の格安SIMは「mineo」のみです。

マイネオロゴ
マイそくプレミアム(最大3Mbps):2,200円
>mineoの紹介箇所をみる

mineo(マイネオ)では、最大3Mbpsでデータ無制限プランの「マイそくプレミアム」が月額2,200円で利用できます。

高速通信の格安SIMに比べると通信速度は劣りますが、高速通信にこだわらないという方は、mineoへ乗り換えてみましょう。

\普段使いでも問題なし!/

公式サイト
https://mineo.jp/

データ通信無制限の格安SIMを利用するときの注意点

データ通信無制限の格安SIMを利用する際の注意点は以下の3つです。

データ通信無制限だからといって使いすぎると、料金が高くついたり速度が低速になったりします。

注意点を事前に把握して対策をしておきましょう。

無制限プランでも速度制限がかかる格安SIMがある

データ通信無制限プランでも速度制限で低速モードになる格安SIMがあることを覚えておきましょう。

高速通信ができるデータ通信容量の上限が決まっている場合や、一定期間で大量にデータ消費した場合に低速モードになります。

例えばスマホドックモバイルのデータ無制限プランは、3日以内に10GB使うと700kbpsまで速度が制限されます。

速度制限時でも1~3Mbps程度の速度がある格安SIMを選べば、低速になってもストレスを感じることは少ないでしょう。

データ通信無制限で利用できる速度がどのくらいか確認して格安SIMを選ぶのがおすすめです。

上限があるプランと比較すると月額料金が高い

データ容量の上限があるプランと比較すると、無制限プランは月額料金が高いです。

無制限プランの方がデータ消費を考えなくて良いため、選ぶ際に魅力的に見えてしまいます。

しかし自分のデータ使用量が上限のあるプランでも足りる場合もあるので、直近のデータ使用量を確認しましょう。

無制限プランが必要であるか確認しないと無駄に高い料金を払ってしまいます。

1か月間に大量のデータ容量が必要な場合のみ無制限プランを申し込むようにしましょう。

オプション加入が必要になることもある

格安SIMのデータ通信無制限プランを利用するために、オプション加入が必要になることもあるので注意が必要です。

格安SIMによっては通常利用の場合だと容量に制限があるため、データ無制限の利用にオプション加入が必要な場合があります。

mineoの「マイそく」の場合だと、データ消費ゼロでスマホを利用するのに最低でも990円のオプション加入が必須です。

無制限プランを利用するには、月額基本料金とは別にオプション料金が発生するか確認してから格安SIMを選びましょう。

データ通信無制限プランの格安SIMがおすすめの人

格安SIMのデータ通信無制限プランがおすすめの人は、以下の特徴があげられます。

おすすめな人の特徴を把握しておくことで、自分が本当に無制限プランが必要なのか判断可能です。

本内容を参考に、無制限プランのメリットを最大限に活かせるか検討しましょう。

毎月のデータ通信量が多い人

毎月のデータ通信量が多い方は、データ通信無制限プランの利用がおすすめです。

特に現在の利用可能なデータ量では足りず、何回もデータ追加をしている方は無制限プランの方がお得になるでしょう。

例えばahamoの場合はデータ追加が1GB550円(税込)なので、月に4回以上データ追加する方は大盛りプランの方がお得◎

概要料金計算
ahamoで4回データ追加した際の月額料金20GB(2,970円)+1GB(550円)×4回=5,170円
ahamo大盛り100GBの月額料金100GB(4,950円)

ahamoに限らずデータ追加の回数が多い場合は、無制限プランに乗り換えましょう。

格安SIMをメインの通信方法として利用したい人

格安SIMをメインの通信方法として利用したいと考えている方にも、データ通信無制限プランはおすすめです。

メインスマホは日常的に利用機会も多いため、地図アプリや通話アプリなどの利用でデータ通信量の消費も激しいでしょう。

データ通信無制限プランに乗り換えることによって、ギガ数を気にせず利用できるのでストレスなくスマホを利用できます。

また、大手キャリアのスマホを利用している場合は、月額料金を下げてデータ通信無制限プランへ乗り換えられることが多いです。

モバイルルーターやテザリング用として利用したい人

データ通信無制限プランの格安SIMをモバイルルーターやテザリング用のSIMとして利用したい方にもおすすめです。

毎月のデータ通信に制限がないので、モバイルルーターやテザリング機能と相性が良いといえます。

メインスマホにSIMカードを入れない場合は、ルーター端末やテザリング用の端末を用意する必要があるので注意しましょう。

楽天モバイルを初めて契約する方であれば、楽天のモバイルルーターの「Rakuten WiFi Pocket 2C」が実質1円で購入できます。

RakutenHand キャンペーン画像
出典:楽天モバイル

モバイルルーターやテザリング用でデータ通信無制限プランの格安SIMを探している方は、楽天モバイルも検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの紹介箇所へ

データ通信無制限の格安SIMに関するよくある質問

データ無制限格安SIMについてのよくある質問と回答をまとめました。

疑問を全て解決してから格安SIMを選ぶと、自分に合った格安SIMが見つかりやすくなりますよ◎

格安SIMのデータ通信無制限プランとは?

格安SIMの無制限プランとは、月に利用できる高速回線のデータ量に制限がないことです。

一般的にスマートフォンは月の通信料に上限が設けられており、上限を超えると低速での通信となります。

無制限プランに加入している場合は、どれだけ利用しても低速になることがないのでいつでも安定した通信が可能です。

動画が止まったりゲームの通信が切れたりする心配もないので、スマホの使用頻度が高い方には最適なプランと言えるでしょう。

テザリングが無制限の格安SIMはある?

楽天モバイルはデータ容量が無制限なため、テザリングもデータ通信無制限で使える格安SIMです。

テザリングは親機が速度制限にかかっていた場合、速度制限時の通信速度でしか利用できません。

格安SIMは低速モードの代わりにデータ容量を無制限で提供している会社がほとんどなので、制限時の速度がそのまま反映されます。

速度が変わることなくテザリングできるため、テザリング無制限の格安SIMを探しているのであれば楽天モバイルに乗り換えましょう。

データ通信無制限プランで5Gが使える格安SIMはある?

5Gをデータ通信無制限で使える格安SIMは以下の通りです。

  • 楽天モバイル
  • LINEMO
  • UQモバイル
  • ahamo

楽天モバイルは自社回線での5G、LINEMOやUQモバイル、ahamoは大手キャリアの5G回線を提供しています。

オプション加入も不要で安定した5G回線が利用できる3社なので、通信環境を重視する人におすすめの格安SIMです。

5G対応の格安SIMはこちら

無制限のプリペイドSIMを提供している格安スマホはある?

現在のところデータ通信無制限のプリペイドSIMを提供している格安スマホはHISモバイルのみです。

しかし8・16・30日間の短期用のみなので、注意してください。

プリペイドSIMは有効期限や上限のデータ容量が決まっているものばかりなので、利用の際にはよく確認するようにしましょう。

データ通信無制限の格安SIMはモバイルルーターにも使える?

データ通信無制限の格安SIMはモバイルルーターにも使えます。

上限が決まっていないため、無制限の格安SIMをルーターの代わりとして契約するのも良いでしょう。

すぐに回線が欲しい場合やメインで利用しているスマホが、通信制限になった場合に重宝します。

格安SIMの低速モードはどれくらいの速さ?

多くの格安SIMでの低速モードは1Mbps以下の速さです。

1Mbps以下だとネットやSNSの読み込みが遅くなったり、アプリの更新が出来なかったりします。

通信速度が300kbps以下になると、動画視聴などが難しくなる場合もあるので注意が必要です。

ギガ無制限プランが最安のデータSIMは?

ギガ無制限プランが最安値の格安SIMは、povoです。

povoは24時間限定で無制限に通信できるデータトッピングが、330円(税込)で購入できます。

一時的にデータ通信量を確保できるので、旅行の際などにおすすめのプランと言えるでしょう。

また日常的に利用するのであれば、楽天モバイルの無制限プランが最も安くおすすめです。

楽天モバイルは従量課金制なので通信量に合わせて、料金が決まります。

20GB以上はわずか月額3,278円(税込)で無制限に利用できるので、通信費を大きく節約できるでしょう。

無制限プランの利用目的に合わせて、最適な格安SIMを選んでください。

速度制限のない完全無制限の格安SIMはある?

結論、速度制限のない完全無制限の格安SIMはありません

無制限プランを謳っている格安SIMであっても、通信状況や利用状況に合わせて通信速度制限がかかる可能性が高いです。

例えばスマホドックモバイルは無制限プランを展開していますが、3日間で10GBを超えると700kbpsに制限されます。

またahamo大盛りは期間内の通信上限はありませんが、100GB以上の高速回線の利用はできません。

格安SIMの無制限プランを選ぶ際は、利用状況によって速度制限がかかることを事前に把握しておきましょう。

ドコモ系でギガ無制限の格安SIMはある?

ドコモが展開しているまたはドコモ回線を使用している格安SIMで無制限プランがあるのは、以下の3つです。

スクロールできます
キャリア名プラン内容月額料金(税込)
mineo一定の速度で使い放題
※マイそくプラン
プレミアム(最大3Mbps):2,200円
スタンダード(最大1.5Mbps):990円
ライト(最大300kbps):660円
スーパーライト(最大32kbps):250円
トーンモバイルyoutube動画など動画サービス以外はギガフリー1,100円
スマホドッグドコモ LTE大容量SIMプランなら無制限利用可能5,368円

上記格安SIMではドコモ回線を利用しながら、データ量無制限で利用できるので無制限プランを探す方にピッタリ◎

またドコモが提供している格安SIMを探している場合は、ahamoの利用もおすすめです。

ahamoは最大100GBまでと無制限ではありませんが、安定したドコモ回線でストレスなく通信できます。

新規契約や乗り換えでdポイントがもらえるキャンペーンなども適宜開催されているので、お得に契約できるでしょ

格安SIMはギガを使い切ったらどうなる?

格安SIMは月内で利用できるギガを使い切った場合は、低速モードになり通信速度に制限がかかります。

低速での通信は可能なので全く利用できないわけではありませんが、通信速度が遅くストレスになるでしょう。

特に動画視聴やゲームなど複雑で重い作業は処理しきれない可能性が高く、スムーズに楽しめません。

通信速度制限は追加でギガで購入すると解消されますが、利用頻度が高い方は月の追加費用がかさんでしまいます。

日常的に動画視聴やゲームを利用される方は、ギガ数がたっぷり使える無制限プランにすることで通信費も節約できますよ。

データ通信無制限プランの格安SIM【まとめ】

本記事で紹介したデータ通信無制限プランがあるおすすめ格安SIMは、以下の通りです。

データ通信無制限プランのおすすめ格安SIM

カウントフリーがあるおすすめ格安SIM

かけ放題オプションがあるおすすめ格安SIM

自分に合う格安SIMを見つけるには、利用用途や月々のデータ使用量の把握が必要です。

無制限プランにも、対象サービスのカウントフリーや通話かけ放題・データ通信無制限など様々な種類があります。

楽天モバイルは無制限でも一定の料金プランを提供しており、通話かけ放題もある格安SIMです。

速度制限にかからず楽天回線を利用できるため、通信速度も安定しています。

使った分だけ支払う従量課金制なため月々のデータ使用量にばらつきが出ても、料金面で無駄なく利用できます。

この記事の編集者

ココモバイル編集部は「最適なプランを選ぶための情報提供×スマホ・インターネット回線に関するお悩みや疑問を解消できるメディア」をコンセプトに情報を発信しております。
当メディアの記事は、全てココモバイル編集部で編集・チェックを行い正確な情報を提供することを心がけています。

Contents